刺激の少ないやさしい植毛で薄毛に悩まない

AGA治療などを受けても薄毛の回復が見込めない時には、植毛により薄毛を治す方法があります。昔のような違和感を感じる仕上がりになることが無い自毛植毛が主流になっており、自分の毛なら髪質も同じであるためヘアセットを行ったり、サロンでカットをしてもらうときにも極自然にできます。

植毛は手術を受けることがネックになり、最新の機械は植え付けるときだけでなく、後頭部から毛の株を採取するときにも使われるようになっていて、細い針のようなニードルによる刺激が痛そうに感じてしまいます。しかし優れた麻酔医がいる病院であれば、痛みを感じることはほとんどなく、リラックスして手術を受けることが可能です。術後の痛みもコントロールされ、極力負担を感じないやさしい手術方法になってきています。

植毛したばかりの時は、定着するまで刺激は禁物になります。シャンプーなども、医師に使用を開始して良い時期を確認してやさしい洗い方を行います。植えた髪の毛は毛周期に合わせて一度抜け落ちまた新たに生えてくることになるため、一時期毛が少なくなって不安になることがありますが、だんだんと丈夫な毛が生えそろっていくため不安に感じる必要はありません。半年もすればどこに植毛したか分からないほどになります。

抜け毛を防ぐために頭皮の血行を良くするマッサージを行いたいと考えますが、植毛の傷あとが残っているうちは避けるべきで、やさしい刺激の頭皮マッサージ用のブラシなどを用いて、無理にもみほぐすことが無いようにするべきです。

初めての植毛は誰でも不安になるものですから医師との交流をしっかりと行って、分からないことはカウンセリング時に聞いて納得した上で手術に臨むべきです。不安な気持ちはストレスになり、抜け毛を増やす可能性があります。