抗がん剤の副作用対策に人工植毛と気功施術

十分な量の髪があるというのは容姿のよさを維持するためには不可欠なことであり、髪が抜け落ちて失くなってしまった場合には植毛をして補うという考え方が広まってきました。まだ髪が残っている間は育毛を考えることができるものの、毛根から抜け落ちてしまった場合には再度生えてくることも期待できず、外から新たに髪を植えてあげなければ髪を手に入れることはできません。一方、生活習慣病の広がりにともなってがん患者が増えている社会的状況があります。その治療のために強力な抗がん剤を使用することがよくありますが、その治療の際には副作用として脱毛が生じてしまうのが一般的です。そのため、抗がん剤によるがん治療を行った患者の場合には副作用で自毛がなくなってしまうことが多々あり、植毛によって取り戻そうと考える人も多くなります。人工植毛を行った場合には抗がん剤の副作用による脱毛の影響を受けないため、その髪を維持していくことができるというメリットがあります。また、抗がん剤を使用しても髪があまり抜けないで済む人も稀にいます。その事例として気功施術を受けていた人が抗がん剤による治療を行っても脱毛が起こらず、気功施術のおかげであると報告しているものもあります。気功は施術を受けることによって体力や免疫力が一般的な状態よりも著しく高い状態にできると言われています。その影響を受けて、抗がん剤の副作用にも負けない身体環境が作り上げられていたと考えることができるでしょう。そういった西洋医学では考え難い自体も起こりうるのが民間療法であり、まだ未知の面が多いのが事実です。しかし、植毛を行うという選択肢の他にも気功の施術を受けることで髪を守れる可能性があるということは覚えておいて損のないことでしょう。